27歳の私とねこと

27歳女子。ありのままに楽しく生きる。

人って原則、取り入れたものしか吐き出せないわけで。

「人は救われた方法でしか救えない。」

という言葉が好きです。

 

 

他にも「出会ってきた言葉でしか話せない。」というのも好きです。

 

食べたものでしか体は作られないように、

吸い込んできた言葉しか吐き出せないんだなぁとしみじみしちゃってます。

 

 

人に何かを相談した時、それはちょっと違うな、って答えが返ってくる時があります。

「そんなんじゃ何も変わんないよ!」と言いたいところだけど、

同時にこの人はそうやって救われた過去があるんだなとも思う。

 

 

離婚した時、味方になってくれなかった家族の話

2年前に元旦那と友人とのW不倫が原因で離婚しました。

これはなかなかの武勇伝だし、ちゃんとオチつきで話せるので今度じっくり不倫されたレポでも書いてみたいなと思っている(゜_゜)

 

 

そんなこんなで、こんな奴とやってらんねええ!となり、離婚したいと家族に打ち明けた時、当たり前のように味方してくれると思ってた。

 

が、しかし、

そんなことはなかった。笑

 

家族会議が開かれた結果、出た結果は「もうちょっと一緒にいて決めてもいいんじゃない?」

これは本当にびっくりだったな・・・。

万年反抗期の私は家族会議の結果だとて、いうことを聞かなかったわけなんですが。(ごめん、末っ子だから許して。)

 

 

この時は、そんなことを言ってくる意味が分からなかったけど、

時間が少したってから、やっと理解することができました。

 

 

おっきな声では言えないけど、お父さんも、婚約していた時に母の友達と浮気してたらしい。(小声)

私の母はその時に父と一緒にいるという選択をして、その延長線上に今の家族と、幸せが成り立った人生を歩んできたから「もう少し一緒にいてみてもいいのでは?」というアドバイスをしてきたんだなぁ、と。

 

 

私は離婚するという答えを出して後悔したことは一度もないけれど、

離婚しないという選択をしても、その先に続く幸せはきっとあったのかもしれないな、とも思います。

母が今の幸せをつくってきたようにね(´・ω・`)

 

 

まあ離婚してよかったと心から思ってるけど!

後悔したことなんか一度もないしね!(大事なことなので2回言う)

 

 

(大事だから2回言うって人よくいたよね。ちょっとうるさってなってた)

 

 

 

「普通こうだよ。」ってそれはその人にとっての普通じゃんね。

 

昔から、「普通はこうだよ」って言われることが多かった気がします。(みずがめ座の宿命)

だから「常識的に考えて~」て言葉もあまり好きではありません。

 

わたしは、「普通」ってその人の中で作り上げられるものだと思っています。

「常識」というのも、たまたまその時代に国で取った多数決だと思う。

2つとも揺るぎないように見えて、すごく不安定です。

国や時代が変わるだけでコロコロ変わってくるぐらいなんだから。笑

 

 

だから、自分が悩んでる時も、他の人が悩んでいる時もそれは押し付けない方が良い。

「こうした方がいいよ」のアドバイスではなくて、

「私はこうやって救われたよ」の方法を教えてあげた方が良い。

 

 

経験してきたことは、分けてあげることができます。

しかも分けてあげることで、なんだか自分ももらったような気持ちになれちゃうオマケ付き。

 

 

私も困っている人がいたら、アンパンマンみたいに自分の顔をあげてお腹いっぱいにしてあげることはできなくても、帰り道の選択肢を1個ぐらいならあげられるような人になりたいなぁ。

 

 

それがたとえ邪道な道だとしても。

意外と楽しかったよ!みたいに教えてあげたい。

それもできなかったら、お腹減ったね。一緒に手繋いで帰るか~ぐらいは言ってあげたい。

 

 

 

 

▼関連記事

・普通じゃない何者かになりたかったのが普通だった。