27歳の私とねこと

27歳女子。ありのままに楽しく生きる。

人間って生まれる時に狭い産道通ってきたり、もうすごい頑張ってるからあとの人生は楽しもう

これ、霜降り明星せいやの言葉らしい。

友達に赤ちゃんが生まれた。

妊娠中も、出産後も結構大変な状況だったけど、

子どもが幸せになるためなら母親として何でもしてあげたいと言っていて、

自分のことよりも子供の幸せを嬉しそうに報告する姿に

あぁ、お母さんになったんだなあと思った。

友達が母になっていく姿を見るたび、そんな言葉を聞くたび、思うことが1つある。

お母さんになったあなたも、負けないぐらいにちゃんとずっと幸せでいてね。

 

母ってまじで1番すごいから正直1番幸せになってくれ。

「お父さんだって大変なんだぞ」という意見もあると思うが、

そこは一旦無視する。ごめん。

まず、出産しているお母さんは全治1ヵ月にの傷を負いながら

3時間おきの授乳、おむつ替え、寝不足、家事をしている。

それだけでどう考えても偉い。

子どもを産んだことがまだない私からはこんな薄っぺらなことしか言えないけど、

実際はこの何倍も大変なことをしているのは間違いない。

ちょっとしたことで消えてしまいそうな大切な命と常に隣り合わせなんて怖すぎる。

少し前に市役所の母子保健課で働いていた時は、

そんな不安を抱えながらもちゃんとお母さんでいようと気丈にふるまう姿、

不意に不安が溢れて泣きながらかかってくる電話、

何回感情移入しすぎて泣いたことか。

全てのお母さん。子どものことで悩んでいる時に、「この子が1番頑張ってる」とか言ってるけどあなたが1番頑張ってるよ。

1番色んな幸せに触れてくれ。

 

お母さんって悩みがないと思ってたあの頃。

これはちょっと人それぞれなのかもしれないけど、

出産してからも、ずっと保育士としてバリバリ働いていた私の母。

毎日その日あった楽しかったこととか、可愛かった子ども達のことをニコニコ嬉しそうに話していた。

私が反抗しても基本的には笑って流してくれて、それでいて天然。

お母さんは悩みがなさそうで羨ましいと思っていた学生時代でした。

ただ働いてみてから気づいた。

そんなわけあるか、と。

うざったい奴がいたり、理不尽なこともあったり、嫌な仕事も、落ち込むようなこともあった上で、子どもの前では悩み事もないような無敵な存在でいてくれたんだなぁと。

母、すごい。あなたのおかげで働くのは楽しいことだと信じ続けることができています。

 

そんなわけで、母のすごさをひたすら力説するブログでした。

ちなみに私は万年反抗期なので、このブログがお母さんにばれないようにと願うばかり。恥ずかしすぎる。笑

今回出産の報告を受けたのは私が新卒で入社した会社の同期の子で、

入社当時から誰かのヒーローになりたい!ってもうアンパンマンばりの元気印でした。笑

あの時は上司に物申したり、私のヒーローだったけど、今度は家族のヒーローだね。

生まれた赤ちゃんはもちろんだけど、あなたもちゃんと幸せでいてね。